津田沼駅のタクシー乗り場を完全ガイド!混雑時に便利な配車アプリも合わせて紹介!

※本ページは一部プロモーションを含みます

はじめに結論!

  • タクシー乗り場は北口・南口の1Fにそれぞれあります!
  • 改札から徒歩1~2分くらい
  • 混雑時やタクシーがいない時は配車アプリを使うのもアリ(←おすすめ)

今回は津田沼駅のタクシー乗り場を徹底調査してきたので、その結果をお伝えします!

記事の流れとしては

  1. オリジナルの構内図で場所をチェック
  2. 実際の写真で改札から道案内
  3. 現地の状況(混雑具合など)
  4. 便利な配車アプリの紹介

↑このような感じで進めていきますね。

はじめに配車アプリについて少し触れておくと、スマートフォンから簡単にタクシーを呼び出せるというもので、これがとっても便利。

待ち時間を削減できるうえ、今ならクーポンの利用でお得に乗れるので、混雑時やタクシーがいないときに非常に役立ちます。

アプリはいくつかありますが、現行では配車スピードや使いやすさの点から「S.RIDE」もしくは「GO」を特におすすめしています。(いろんなアプリを使いましたが、この2つならまず間違いありません)

ソニーのAI技術が使われた次世代アプリ!
\今なら初回乗車で1,000円分のクーポンGET!/

↓今すぐインストール↓

タクシーの配車はエスライド(S.RIDE)

タクシーの配車はエスライド(S.RIDE)

S.RIDE Inc.無料posted withアプリーチ

業界No1のタクシー配車アプリ!
\今なら総額7,000円分のクーポンGET!/

↓今すぐインストール↓

GO タクシーが呼べるアプリ

GO タクシーが呼べるアプリ

GO Inc.無料posted withアプリーチ

詳しくは記事の後半で解説するから、ぜひ最後までチェックしてね。

それでは本編へどうぞ!

津田沼駅のタクシー乗り場を完全ガイド!

タクシー乗り場は北口・南口の1Fにそれぞれあります。構内図を作ったので、場所をチェックしみてください。

※タップすると拡大できます

JR線の改札は駅構内の2Fにあり、

  • 改札を出て左側が北口
  • 改札を出て右側が南口

となっています。タクシー乗り場はそれぞれ階段を下りた1Fにありますよ。

どちらも改札から徒歩1,2分くらいなので、行き先によって利用するタクシー乗り場を決めると良いでしょう。

参考になるかわかりませんが、駅の外からお越しの方のために一応Googleマップも載せておきます。(黒いアイコンがタクシー乗り場)

それじゃ、実際の写真でより詳しく解説するわね。

北口側タクシー乗り場

改札口を出たら左へ進みます。

そのまま北口に向かって駅構内を直進します。

北口を出たら時計の右側のデッキを進みます。

デッキの途中、左側の階段を下ります。(タクシー乗り場の看板が目印)

1Fに下りたらすぐ右側がタクシー乗り場になっています。

南口側タクシー乗り場

改札口を出たら右へ進みます。

そのまま南口に向かって駅構内を直進します。

南口をでたらすぐ左側の階段を下ります。

階段を下りて後方に進むと、すぐタクシー乗り場があります。

現地の状況について

津田沼駅は県内でも特に乗降客数が多く、また駅周辺には商業施設や居酒屋が多く並んでいることから、始発から終電くらいまではタクシーが停まっていることが多いです。

台数に関しては北口・南口ともに多く、日中はどちらも5台以上が待機していました。

利用客が固まっている場合など、タイミングによってはすべて出払ってしまうこともありましたが、普段の日中であれば、あまり待たずに乗車できる可能性が高いです。

それに対して、

  • 朝夕のラッシュ時
  • 週末の終電後
  • 雨天時

↑このような時は、一般的にタクシー乗り場が混雑する傾向にあり、なかなか捕まらないというケースも出てくるでしょう。

特に終電後のタクシーが少ない時間帯に混雑するという情報が多くありました。

このほかにも電車の遅延があった時なんかは、タクシー乗り場に長蛇の列ができるわね。

もちろんタクシー乗り場にタクシーがいればベストですが、上記のような混雑時に備えて配車アプリを入れておくと安心かと思います。

混雑時やタクシーがいない時に備えて配車アプリを入れておこう

配車アプリには大手と呼ばれる

  • GO
  • S.RIDE
  • DiDi
  • Uber Taxi

の4つがありますが、アプリの使いやすさと配車スピードの点から「S.RIDE」もしくは「GO」を強くおすすめしています。

というのも、この2つのアプリだけはマップ上のピンを動かすだけで、タクシーが来るまでの時間を表示してくれます

1つ注意点として、駅によってはロータリーに呼べないという制約があるのですが、少し位置をずらすと配車依頼が可能になります。

たとえば、こちらは実際の「S.RIDE」のアプリ画面ですが、北口タクシー乗り場の隣の大通りにピンを移動すると「7-10分」と待ち時間の目安を表示してくれます。(赤枠エリアはロータリーなので配車不可)

あとは、配車依頼をするとマップ上にタクシーの位置がリアルタイムで表示されるので、ある程度近づいてきたら乗車地点に行けばOK。

タクシー乗り場でずっと待つ必要がないのは嬉しいわね。

「GO」でも同じことができるので、2つのアプリで到着時間をサクッと比較して、どちらか早い方で配車依頼する、という使い方もけっこうおすすめ。(←私はこの方法をよく使います)

※それぞれのアプリで提携しているタクシー会社が違うので、「S.RIDE」の方が早いときもあれば「GO」の方が早いときもあります。

ちなみに、「DiDi」と「Uber Taxi」は、乗車地点と降車地点をどちらも設定してからでないと、タクシーの到着時間が表示されません。

また、地域によっては実際に配車を依頼してからでないと、わからないこともあり少々使いづらさを感じました...。

一応、ピンを打った場所がどのあたりかお伝えしておくと、先ほどの北口タクシー乗り場への階段下りずにさらにデッキを直進します。

突き当りの階段を下りたところの大通り(ぶらり東通り)が配車可能エリアです。

こんな感じで、本来の乗り場から少し歩くだけタクシーを呼べるから、ロータリーの規制は特に気にならないわ。

「S.RIDE」と「GO」は配車アプリの中でも、特に提携しているタクシー会社の数が多いので、配車依頼をした際にもすぐに来てくれる確率が高いです。(他のアプリではそもそもタクシーが見つからないというケースも...)

アプリの利用には初回のみ登録が必要ですが、どちらも1分ほどで終わり、すぐに配車依頼できる状態になるので、混雑時に備えてとりあえず使えるようにしておくと安心かと思います。

もちろん、タクシー乗り場にタクシーがいればベストですが、時間帯やその他の事情によってはそういかないことも結構あります。

そのようなときは、次いつ来るかわからないタクシーを待つよりも、アプリで呼んだ方が結果的に早くなるケースも多いでしょう。(予約機能もあるので、はじめからアプリで呼んでおくのもあり)

また、実際に配車依頼をしなくても、乗車・降車地点を入力をするだけで、実際の道路状況を考慮して目的地までの料金や到着時間の目安を表示してくれるので、これはこれでけっこう便利だったりします。

たとえば、目的地をららぽーとに設定すると...

↑こんな感じで料金と時間の目安を表示してくれます。

その他にも

  • ドライバーに行き先を伝える必要がない
  • 車内で決済する必要がない
  • クーポンでお得に乗れる

などなど、アプリならではのメリットもあるので、できるだけタクシーに待ち時間を割きたくない方は、ぜひ一度利用してみてください!

ちなみに、アプリで配車依頼する場合、迎車料金+アプリ手数料として400~500円かかりますが、「S.RIDE」は初回乗車で1,000円OFF、「GO」なら初回登録で500円OFFのクーポンが貰えるので、タクシー乗り場から乗る場合と料金はほぼ変わりません。

ソニーのAI技術が使われた次世代アプリ!
\今なら初回乗車で1,000円分のクーポンGET!/

タクシーの配車はエスライド(S.RIDE)

タクシーの配車はエスライド(S.RIDE)

S.RIDE Inc.無料posted withアプリーチ

業界No1のタクシー配車アプリ!
\今なら総額7,000円分のクーポンGET!/

GO タクシーが呼べるアプリ

GO タクシーが呼べるアプリ

GO Inc.無料posted withアプリーチ

上の2つの記事を読めば配車アプリについて、だいたいのことは理解できるようになっているわ。


ということで、津田沼駅のタクシー乗り場および配車アプリの紹介でした。

ではでは参考になりましたら幸いです!

-千葉